前へ
次へ

成長期は栄養不足にならないようにする

人間は、子どもの時を中心に成長期があります。
この成長期は、体の発育にとってかなり重要な時期でありこの時に栄養が不足していると成長に支障が出てしまう事があります。
例えばカルシウムが不足すると、骨の発育が悪くなったり将来骨粗鬆症になるリスクが高くなります。
特にダイエットで栄養不足になってしまうケースも多いので中学生や高校生でダイエットしている人は注意が必要です。
栄養を常に考えて食事をとっていけば何の問題もないですがあまり深く考えずに自分が好きなものばかり食べてしまうと栄養が偏ってしまって不足する栄養素が出てきてしまいます。
そこで、自分の食事を振り返ってバランス良く栄養を摂取出来ているのかを確認することも大事です。
食事を振り返れば何が不足しているのかを把握出来るので次の日からの食事に役立ちます。
また、過剰摂取も逆にあまり良くないのです。
このように、成長期は栄養がかなり重要になる事を覚えておきます。

Page Top