前へ
次へ

九州のとんこつラーメンの特徴とは

九州のとんこつラーメンは、特徴があります。
まず、麺がとても細いことにあります。
全国的にも九州ラーメンほど麺が細いところは珍しいのではないでしょうか。
スープが豚骨の濃い味なので、細麺がスープに絡み合って相性は抜群なのです。
さらに、細麺なので早く茹で上がることから通はバリカタと呼ばれる半生の状態で注文するといいます。
麺が細くてすぐに火が通ってしまうため、スープに浸しておくだけで麺がふやけて伸びてしまうのです。
それを避けるために開発されたのが、バリカタという半生の麺です。
半生の状態でまるで鋼のような固さではあるものの、徐々にスープと馴染んでくるため、最終的には程よい固さになって最後まで美味しくいただくことができるのです。
また、豚骨スープだけ会って豚骨の匂いはとても強いと言われています。
苦手な人は豚骨の野性的な臭いは苦手かも知れませんが、食欲を掻き立てる香りはラーメンの美味しさに欠かせないスパイスなのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top